コロナショック級の危機を想定していましたか?

投稿者: | 2020-04-05

In a world with large short-term wage fluctuations, the main reason for accumulating wealth might be precautionary.

Capital in the Twenty-First Century

日本語版はこちら→21世紀の資本
英語版はこちら →Capital in the Twenty-First Century

日本語訳
短期的に賃金変動が大きい世の中で、富を蓄積する主な理由は予防である。

fluctuation : 変動
accumulate : 貯える
precautionary : 予防(予防的)

まさにコロナショックのような状況を想定しての記述です。
以下のような表現も添えられていました。

against a possible negative shock to incom

Capital in the Twenty-First Century

日本語訳
考えられる収入へのネガティブな影響に対して

年収が高い人でも貯蓄をしていない人もいます。安定的な地位で毎月のように収入があると思っていると、”negative shock”の際に大変なことになります。収入の多寡にかかわらず、いざという時のために生活費数ヵ月分は貯めておきたいですね。

米民主党議員が新型コロナウイルスのPCR検査を無料にする必要性を主張をする際に、「米国民の4割が予期せぬ400ドル(約4万円)の出費に対応できない。」とコメントしていたのが印象に残っています。
今回、飲食業など数ヵ月も収入が途絶える、あるいは大幅に減少する事態となりましたが、今後もこういったリスクは考えられます。
常に悲観的でいる必要はありませんが、ある程度最悪のシナリオも想定しながら、日々、貯蓄や投資を行っておきたいですね。

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です