IMF(国際通貨基金)の2020年世界経済見通し

投稿者: | 2020-04-14

IMF(国際通貨基金)が2020年4月14日、世界経済の見通しを発表しました。なお、IMFはInternational Monetary Fundの略です。様々な金融危機時に資金供給などで国を救済する役割などを担っています。1997年のアジア通貨危機の際も、タイや韓国を支援しています。

IMFホームページ

The COVID-19 pandemic poses unprecedented health, economic, and financial stability challenges. The first priority is, of course, to save lives.

But the necessary containment measures to limit the spread of the virus are causing a dramatic decline in economic activity.

As a result, in only three months, the 2020 outlook has shifted from expected growth of more than 3 percent globally to a sharp contraction of negative 3 percent.

IMF

pose : もたらす、課す
unprecedented : 前例のない
stability : 安定
challenge(s) : 困難、チャンレンジ
priority : 優先事項
necessary : 必要不可欠な
containment : 封じ込め (動)contain~を含む→内包する、封じ込めるの名詞
measure(s) : 手段、措置
spread : 広がり
cause : 原因となる
decline : 低下、下落、衰退
As a result : 結果として (IMFのレポートで良く出てくる表現です)
outlook : 見通し
shift from A to B : AからBにシフトする
expected : 予想された、期待された (動)expect 期待する
contraction : 収縮 contract 契約、契約するという単語は有名です。契約することで双方が近づく→収縮も距離が狭まるイメージ?

日本語訳
COVID-19のパンデミックは、これまでにない健康、経済、金融安定の困難課題をもたらします。 もちろん、最優先事項は命を救うことです。 しかし、ウイルス感染拡大を制限するために必要な封じ込め措置は、経済活動の劇的な衰退要因となっています。 結果として、わずか3か月で、2020年の見通しは、世界的に予想されていた3%を超える成長から、マイナス3%の急激な縮小にシフトしました。

世界経済は2020年、3%を超える成長が見込まれていたのですが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によりわずか3カ月で、マイナス3%成長へシフトするという、まさに前例のない(unprecedented)見通しの変更となりました。当然ですが、世界的な機関であるIMFでさえ、このような事態は想定していなかったでしょう。

特に新興国経済を心配しているといったコメントも見受けられます。ただし、懸念ばかりではなく安心材料も。もう少し踏み込んだコメントを次の記事で紹介します。⇒ COVIT-19新興国への影響と各国の取組みへのIMFの評価

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール体験学習会」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です