財務諸表 収益と費用を英語で説明

投稿者: | 2020-04-21

関連記事
・BATIC(国際会計検定)
財務諸表 資産・負債・純資産を英語で説明

次は損益計算書(Statement of Profit or Loss)の収益と費用の英語表現方法を紹介します。

まずは収益(Income)です!

Income is increases in assets, or decreases in liabilities, that result in increases in equity, other than those relating to contributions from holders of equity claims.

国際会計検定BATIC Subject2公式テキスト〈2019年版〉: 国際会計理論

increase : 増加
decrease : 減少
other than~ : ~以外
contributions : 拠出
よって、前半部分は資本の増加をもたらす資産の増加または負債の減少となります。収益を上げることで現金収入などで資産が増えますし、買掛金の解消など収益により負債が減ることも。その結果、資本の増加につながります。

ただし、増資で株主などから資金拠出があった場合は収益ではないので、後半部分はそういうものを除くということを表現しています。

収益を資産の増加と負債の減少で表現するあたりが、さすが国際会計のテキストです!

次は費用(Expenses)です!

Expenses are decrease in assets, or increases in liabilities, that result in increases in equity, other than those relating to distributions to holders of equity claims.

国際会計検定BATIC Subject2公式テキスト〈2019年版〉: 国際会計理論

単純に収益の反対ですね。資産の減少または負債の増加を費用と表しています。

また、distribution(s)は分配のため、収益の時のcontribution(s)と、これまた対極にあります。株主に分配(配当)などを払えば資産は減りますが、配当は費用ではありませんよね。

ビジネスシーンで会計の話になった際に、このような表現を使えるとスマートですね。BATICに挑戦すると、より会計英語が身に付きそうです。

私はテキストを買って張り切っていましたが・・・まだ試験を受けたことはありません。こういう記事をアップしながら、しっかり勉強したいと思います。

関連記事
BATIC(国際会計検定)
財務諸表 資産・負債・純資産を英語で説明

国際会計検定BATIC Subject2公式テキスト〈2019年版〉: 国際会計理論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です