金融リテラシーを高める5つのシンプルな方法

投稿者: | 2020-04-25

アメリカの経済誌フォーブスのサイトに掲載されている金融リテラシーを高める5つの方法を紹介します。
金融リテラシーとはお金の知識と判断力という意味です。

1つ目は 新聞の経済紙面などをできるだけ読もうということです。経済誌を発行しているということもあるかもしれませんが!私が経済学部生の頃、経済欄を読んでも正直分かりませんでした。ただ、これは英語と共通することかもしれませんが、毎日少しずつでもニュースに触れていると、少しずつつながっていき、理解ができる内容が増えていく感覚がありました。
とにかく分からなくても流し読みでもいいので、毎日経済ニュースに触れてみてください。

1. Read As Much As You Can
The financial section of local/regional newspapers are great resources,

Forbes

2つ目はキャッシュフロークワドラントについて理解するということです。

Understand the “Cashflow Quadrant”

Forbes

quadrantとは四分円といういみで、少し難しい単語です。quarter(クオーター)が4分の1を表しますので、それと同じような語源だと思います。
金持ち父さんシリーズで提唱された考え方です。
E:employee 会社員として働く
S:self-employee 自営業として働く

B:business owner ビジネスオーナーになる
I :investor 投資家になる

この4つの働き方があることを知ることが大切で、EとSが貧乏父さん、BとIが金持ち父さんとも説明されています。

EとSは働いた分しか収入が入りませんが、BとIは無限の収入が期待できる。こういうことに目を向け、どういう収入源を持つか?

特に日本は今まで収入を得ること=労働をするという感が方が根強かったように思います。ただし、働き方改革などで、今後仕事とどういう風に向き合うべきか?もっというと仕事以外でも収入を得られるようにしておく必要があるのでは?こういうことを考えて欲しいというのがキャッシュフロークワドラントです。

金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント : 経済的自由があなたのものになる (単行本)

3つ目はお金を管理するためのツールを使いなさいということです。アメリカは金融リテラシーを高める取り組みをしている公的機関も多く、最近ではアプリなど様々なツールが提供されています。それらに触れてみることが何より金融リテラシーを高めてくれるという指摘です。

Use Financial Management Tools

Forbes

4つ目は専門家からアドバイスをもらいなさいということです。これはFPである私にとっては嬉しい内容です。(1番が良かったけど!)
個人的に感じていることですが、ドクターやエンジニアと言った専門職の方がFP相談を利用されている傾向にあると感じています。その多くの方が、「やっぱり専門家に聞くのが一番だと思い・・・」と言われます。ご自身が専門職と向き合っているので、お金のことも専門家に聞くのが一番と感じているのではないでしょうか。

4.Ask For Expert Advice
Talking to an experienced advisor can help people understand how to budget and save.

Forbes

budget : 予算
save : 貯蓄
<要約>
経験のあるアドバイザーと話すことは、予算の立て方や貯蓄の仕方の理解を高めてくれます。

そして最後5つ目は、あなたのネットワークを活用してあなたの目標を達成しなさいとあります。

5. Utilize Your Network To Help You Achieve Your Goals

Whether it’s a podcast, webinar, e-book or blog, there are thousands of educational resources to help us improve our personal finances.

Forbes

utilize : 活用する、利用する
achieve : 達成する
thousands of : 何千もの、多くの
educational resources : 教育資源
improve : 改良する
<本文要約>
それがポッドキャスト、ウェビナー、電子書籍やブログであっても、何千もの私たち個人のファインナンス(お金全般)の理解を高めてくれる教育資源があります。

えいごのみーもその1つとなるよう、これからもたくさん記事をアップしていきたいと思います!

FP資格継続教育パック

スタディング 外務員講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です