利上げ&利下げ、ゼロ金利やマイナス金利政策を英語で

投稿者: | 2020-04-27

政策金利の引き上げや引下げは株式市場に大きな影響を与えます。下げ幅が予想以上の時、予想外のタイミングでの利下げなど、景気悪化局面では金利が下がりお金が流れやすくなるということで好感する向きもあります。

一方、景気拡大期には利上げで金融を引き締める効果があります。近年では米国が強い経済指標や雇用状況を背景に立て続けに利上げを行いましたが、コロナショックによって緊急利下げを行うなど、日米欧揃ってほぼゼロ金利の状況です。日本や欧州ではマイナス金利という状況も。

では、こういった話をする上で知っておきたい金利に関する英単語、表現を紹介します。

<利上げ>
interest rate hike

If the market interprets the interest rate hike as a sign of monetary tighteing, the expectations effect will reinforce the interest rate hike.
市場が利上げを金融引締めの兆候と判断すれば、その期待効果で金利上昇に拍車が掛かる。

<利下げ>
interest rate cut

The terrorist attacks in the United States led to a significant interest rate cut in September 2001.
米国でのテロ襲撃は、2001年9月、著しい利下げをもたらした。

ちなみに日本で初めて「ゼロ金利政策」という表現が使われたのは1999年2月12日です。1997年のアジア通貨危機の影響などもあり、日本は利下げ基調に。政策金利(当時は公定歩合)をほぼゼロという水準まで下げ、記者会見で記者とのやりとりで、当時の日銀総裁の速水優氏が「(ゼロ金利)ということです。」というやりとりがあったのが初めてとされています。

<ゼロ金利政策>
zero interest rate policy

In February 1999, the BOJ introduced an unpreceedented zero interest rate policy, which lasted until August 2000.
1999年2月、日本銀行は前例のないゼロ金利政策を導入し、2000年8月まで続いた。

そして2016年1月に、2%のインフレ目標達成のためにマイナス金利が導入されます。いくら金利を下げ、量的緩和(お金の量を増やす)を行っていても、市中銀行でストップしては意味がありません。
本来であれば、市中銀行が日銀に預けているお金が一定以上になると利子を受け取ることができますが、その逆に利子を払わなければならなくなったのです。これによって、より世の中のお金の流れが良くなり、デフレから脱却し、2%のインフレを達成しようとしたのです。

<マイナス金利政策>

このマイナス金利政策は「マイナス」をそのまま使えそうですが、実際は
negative interest rate policyです。

<まとめ>
利上げ interest rate hike
利下げ interest rate cut
ゼロ金利政策 zero interest rate policy
マイナス金利政策 negative interest rate policy

ちなみにリーマンショックも英語では違う言い方になります。こちらの記事で解説しています!
リーマンショックを英語で

月額定額サービス【ウケホーダイ】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です