PER(株価収益率)を日本語と英語で学ぶ

投稿者: | 2020-05-05

PER(株価収益率)は株価の水準、割安か割高かどうかを分析する上で重要な指標の1つです。投資をする上でぜひ使いこなしてもらいたいので、日本語でもわかりやすく以下解説していきます。

PERはPrice Earnings Ratioの略です。
Price : 株価(同様の指標PBRのPも同じPriceです)
Earnings : 稼ぐ、利益
Ratio : 率
株価÷1株あたり利益で求めることができます

なぜ1株あたりの利益で計算するのか?
それは、株価自体が1株の市場価値を表しているからです。会社(銘柄)によって、100万株発行している会社もあれば、1億株発行している会社もあります。発行数がバラバラなので、1株単位で計算することで、株価と利益の水準を比較しやすくするのです。この1株あたり利益をEPSと言います。EPSも覚えておいてください。
EPSはEarnings Per Share
Share は株式(単数)なので、1株に対する利益となります。

では、皆さんなら以下の会社、どちらがお得感がありますか?A社とB社、どちらの株を買いたいですか?

・A社の株価は500円で、利益100億円。発行済株数5億株
・B社の株価は100円で、利益10億円。発行済株数1億株

一見、A社の利益がB社の10倍もあり、魅力的ですが、その分、発行済み株数も多いですよね。「株をたくさん発行し、お金を調達しているのだから、その分、利益が大きくても当たり前」という風に考えることもできます。
そこで、EPSを計算します。1株当たり利益ですね。

A社のEPS 100億円÷5億株=20円
B社のEPS 10億円 ÷1億株=10円

1株あたりにすると、A社とB社の利益の差は2倍しかありません。そして、それぞれの株価と比較するのがPERです。

<PER>株価÷1株当たり利益
A社 500円÷20円=25倍
B社 100円÷10円=10倍

原則、低い方が割安、高い方が割高となります。よってA社よりB社の方が割安で魅力的と考えるのがPERです。ここではじめてB社が”逆転”しました。

投資家は株を買う側なので、できるだけ割安なものを買いたいのです。そのためにPERを算出します。単位が「倍」なので分かりにくいですが、「年」にしてみてください。
A社は25年、B社は10年となります。

今、それぞれの株主になるためには今の株価で購入する必要があります。そして、将来、今の利益水準が全く変わらないと仮定しますと、A社に500円出して株主になると、25年かけて同額の価値(利益)を生み出してくれたということになります。利益として生み出された新たな価値は配当などで、いずれ株主に還元されるものです。

一方、B社は株主として投資した金額と同額の価値を生み出すまで10年しかかかりません。

いかがですか?B社の方が効率よく利益を上げているように見えます。その分、割安に投資をできるというわけです。

ただし、単純に「B社の方がお得」と判断できれば、みんな投資で儲かります。そう簡単にはいきません。将来利益水準は当然変わりますし、利益のみならず財務状態もチェックしなければなりません。翌年赤字に転落し、耐えられずすぐに倒産となっては困りますよね。
また、A社は割高となりましたが、将来性が期待され、「株価は多少割高だけれでも、それでも買いたい」と多くの株主に支持されているという可能性もあります。

よって、PERはあくまで1つの参考指標です。同様の業種、規模間の会社や国別での比較などをすることによって、投資妙味のある対象を探す際に用いてください。

では最後にPERが用いられている英文を紹介します。

The price earnings ratio measures how many years it would take the company at its current level of earnings to equal the market value.

PERは、企業が現在の収益水準で市場価値に等しくなるまでに何年かかるかをみる指標だ。

金融英文700選 (KINZAIバリュー叢書)

<関連記事>
PBR(株価純資産倍率)を日本語と英語で学ぶ
ROE(自己資本利益率)を日本語と英語で学ぶ
<参考文献>
金融英文700選 (KINZAIバリュー叢書)


ファイナンシャルプランニングランキング にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ
にほんブログ村

女性に人気!マンション投資の【JPリターンズ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です