リバースモーゲージを日本語と英語で学ぶ

投稿者: | 2020-05-05

リバースモーゲージは英語では
Reverse Mortgageとなります。

リバースは逆なので、簡単にいうと住宅ローンの逆です。

本来、家を買う際にお金を借りて長きに渡り返済していきます。一方、リバースモーゲージはお金を借りて家で返済します。最終的に住宅を売却することでローンを返済するのです。


例えば一般的な日本のケースですが、融資額が1,000万円であれば、月の借入額10万円で、8年ほど融資を受け続けることができます。毎月ではなく、必要な時だけ月に1回借入をすることも可能です。

そして毎月の返済は原則利息のみです。元金は亡くなった後、不動産を売却して精算となります。もし、借入額が売却額を上回ったとしても差額分を負担する必要はありません。

その逆も同じで、借入額が売却額を下回っても差額を相続人に返金するといったこともありません。(銀行によって取り扱いが異なります。様々なタイプのリバースモーゲージがあります。)

よって、今現在の不動産の価格や借りる人の年齢をベースに融資額が決まることになります。

A reverse mortgage provides borrowed funds based on the market value of the house and the age of the borrower.

リバースモーゲージでは、借り手の保有住宅の市場価値や年齢に基づき融資される。

金融英文700選 (KINZAIバリュー叢書)

老後、年金だけでは生活が苦しいという人には一考の余地がありそうです。

ただし、必ずメリットというわけではありません。最終的には住宅を手放すことになります。相続人の資産も減ることになります。

アメリカ連邦取引委員会(日本でいう「公正取引委員会」)のホームページには以下のような記述があります。

If you’re 62 or older – and want money to pay off your mortgage, supplement your income, or pay for healthcare expenses – you may consider a reverse mortgage. It allows you to convert part of the equity in your home into cash without having to sell your home or pay additional monthly bills.

Federal Trade Commission

supplement : 補う(栄養食品のサプリはここからです)

62歳から住宅ローンの返済や日々の収入や医療費(健康管理費)を補うためにリバースモーゲージを検討できる。
まだ住宅ローンを抱えている人もその返済のためにリバースを利用できます。

But take your time: a reverse mortgage can be complicated and might not be right for you. A reverse mortgage can use up the equity in your home, which means fewer assets for you and your heirs. If you do decide to look for one, review the different types of reverse mortgages, and comparison shop before you decide on a particular company.

Federal Trade Commission

ただ、よく考えてください。リバースモーゲージは複雑な仕組みであなたに適していいないかもしれない。

自宅という資産を使い果たし、あなたとあなたの相続人の資産を減らすことになります。もし利用を決める際には、違うタイプのリバースモーゲージや提供先(お店)をしっかり比較するように。

確かに、日本で提供されているリバースモーゲージもやや複雑であることなどから、まだそれほど普及していません。

ただし、こういう制度があると知っておくと、老後への不安解消につながるかもしれませんし、そもそも住宅購入の価値観も変わるかもしれません。

例えば、通常は戸建てを前提にしているため、マンション購入⇒リバースモーゲージというライフプランは成立しにくいです。

日本でシェアNo1は執筆時点で東京スター銀行です。興味がある方は一度HPを除いてみてください。

東京スター銀行リバースモーゲージ


ファイナンシャルプランニングランキング にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です