実質実効為替レートを日本語と英語で学ぶ

投稿者: | 2020-05-06

目次

・日本語での解説
・野球やサッカーをイメージして(例え話)
・実質実効為替レートのグラフ
・英文で確認(IMFのホームページより)

今は円高?円安?どちらですか

「今は円高ですか?」と聞かれ、「日本の財政赤字が拡大し、最近は円が売られる傾向にあり…」といったコメントができる方は投資やマーケットに興味のある方だと思います。

ただ、「いや、何か違和感がある。」と思った人はさらに精通している人かもしれません。その違和感とは、どの通貨に対して円安、円高か?ということに一切触れていないということです。

外国為替レートは2通貨の交換レート

円が米ドルに対して高くなっているのか、安くなっているのか?これが為替レートであり、外貨預金をする時や海外旅行に行く際など、円から米ドルに両替する際も、その時点での米ドル/円レートをベースに行うことになります。

そして、世界の基軸通貨は米ドルであり、日本にとってもアメリカとの取引は非常に重要な位置付けでもあるため、外国為替レートを調べると、真っ先に米ドル/円レートが表示されます。

場合によっては、米ドル/円レートしか表示されないケースも多いです。では、米ドルに対してのみの動きを見て、円高なのか円安なのかという判断をしてもいいでしょうか?

答えはバツです。

日本はアメリカ以外にもユーロ圏、アジア圏など様々な地域や国と取引をしています。お互いの通貨の交換レートが外国為替レートであるならば、他通貨との動向もチェックしてほしいものです。

例えば、プロ野球やサッカーなどスポーツ観戦が好きで、地元チームなどを応援している人も多いと思いますが、その応援しているチームがリーグ戦で特定のチームに強くてもリーグ優勝できるとは限りません。

逆に対戦成績で分が悪い苦手なチームがいても優勝できることはあります。

長い1シーズンの中で、対戦するすべてのチームとの戦績で、総合的に強いチームが優勝するのです。

外国為替もこのように捉えることも大切です。先に触れましたように、日本にとってのアメリカ、そして、米ドルは非常に重要な存在であるため、米ドル/円レートを重視することが決して悪いわけではありませんが、対ユーロ、豪ドルなどの主要通貨やアジア各国との通貨に対する動きを見ることで、現在の「円の価値」、「円の実力」をより詳細に把握することにつながるのです。対戦するすべてのチーム(通貨)との試合数(取引量)、勝敗(為替レート)をチェックし、すべての加重平均を算出する必要があるのです。それが実効為替レートです。
英語ではEffective Exchange Rateです。

円の実力を知ることができる「実効為替レート」

スポーツのリーグ戦の場合は、原則、まんべんなく各チームと対戦することになりますが、通貨の場合は通貨ごとに取引量(ボリューム)が異なります。

こういったことも考慮しながら世界決済銀行が「実効為替レート」を公表しています。

また、物価変動も考慮したのが「実質実効為替レート」です。英語ではReal Effective Exchange Rateです。それに対して物価変動を考慮しないのが「名目実効為替レート(Norminal Effective Exchange Rate)と言います。

例えば、米ドル/円レートが1ドル100円でしばらく変動しなかったとします。そんな中、アメリカの物価が上昇し、1ドルの商品が1.5ドルになった場合、日本から見ると今まで100円で買えたものが150円出さなければ買うことができない状態になっています。このように物価の変動も通貨の価値に影響するため、「実質」で分析することも重要です。以下が2010年を100とした実質実効為替レートです。

BIS(世界決済銀行)のデータをもとに内山FP総合事務所株式会社で作成

グラフから分かりますように、日本円は2000年当初は主要通貨の中で相対的に一番高い通貨でしたが、現在は一番低くなっています。

実質実効為替レートの動きを日々の生活で感じることは少ないかもしれません。ただ、米ドル/円レートのみを見ている場合と比べて少し景色が違って見えると思います。

「資産の一部を外貨で持っていれば、長期的に資産価値が上昇しているのでは?」

「日本円だけで資産管理することも1つのリスクになるのでは?どの通貨が将来有望?」このように抱く疑問もワンランクアップすると思います。時々、お財布の中に入っているお金を見ながら、「円の価値」について考えてみるのもよさそうですね。

最後に英文を読んで、さらに理解を深めてください。国際通貨基金(IMF)のホームページにおいて、実質実効為替レートは以下のように説明されています。

What is real effective exchange rate (REER)?

REER is the real effective exchange rate (a measure of the value of a currency against a weighted average of several foreign currencies) divided by a price deflator or index of costs.

An increase in REER implies that exports become more expensive and imports become cheaper; therefore, an increase indicates a loss in trade competitiveness.

INTERNATIONAL MONETARY FUND

<訳>
REERは、価格デフレーターまたはコストの指標で割った、実質実効為替レートのことです。(複数の外貨の加重平均に対する通貨の価値の尺度)

REERの増加は、輸出がより高価になり、輸入がより安くなることを意味します。 それゆえに、この指標が増加すると貿易競争力が弱くなります。
⇒円高になれば輸入品が安くなりますが、自動車など輸出産業にとっては不利だと言われます。よって、海外から仕入れやすいが、海外でモノが売れない=REERの増加は貿易競争力が弱まると解釈できます。

為替レートについてはこちらの記事もご覧ください!
高金利通貨は有利?購買力平価(PPP)を日本語と英語で学ぶ

FX投資マスターガイド無料提供中!(図解オールカラー128ページ)

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です