イギリスのお金アドバイス the Money Advice Service

投稿者: | 2020-05-10

insurance(保険)を検索ワードに世界の様々なサイトを検索していると、とてもコンテンツが充実しているサイトに出会いました。

the Money Advice Service
どこかの保険会社が作ったのでは?と思えるような内容ですが、イギリス政府が作ったものでした!

こういう記載があります。

Free and impartial money advice, set up by government

the Money Advice Service

政府による無料で公正なお金アドバイス

こういうサイトがあるとイギリス人はもちろん、イギリスに留学する人なども助かりますね。

The Money and Pensions Serviceという公的機関が運営しているサイトです。

あと2つサイトを運営しているようです。

The Pensions Advisory Service
年金に関するこのサイトには以下のようなコメントが。

We love pensions and the difference they make to people’s lives.

The Pensions Advisory Service

私たちは年金と、年金が人々の生活にもたらすその違いが好きです。

なにか日本とはお金への向き合い方が違う気がします。その後は以下のような文が続きます。イギリスで生活したことがないのでこのサイトがどれだけ利用されているのか分かりませんが、人々と年金制度の距離感を短くする役割を担っている感じがします。

So feel free to ask us a question, search our site for info and use our planning tools to make sure your pension is working for you. There is no fee for any of our services. We’re simply here to help you with pensions.

The Pensions Advisory Service


もう一つも年金に関するサイトです。
Pension Wise
確定拠出年金(DC)用の公的サイトです。

There are different ways you can take the money from your pension pot.

Pension Wise

年金(DC)からお金の引き出し方が色々ありますよ。という案内です。DCを放置している人もいるようで、そういう人たちに対する呼びかけも行っています。

the Money Advice Serviceの話に戻します。このサイトは以下のコンテンツがあります。

Debt and borrowing 借金について
Homes&Mortgages 住宅購入や住宅ローンについて
Budgeting&Savings 貯金などの家計管理について
Work&Benefits 労働や手当などについて
Pensions&Retirement 年金や退職について
Family&Care 家庭内でのこと(離婚、遺書など)について
Cars&Travel 車の購入方法やお得な海外送金方法について
Insurance 保険について

この保険について書いてあるページにたどり着いたのがこの記事を書くきっかけとなりました。
個人的な見解ですが、どのサイトもFPや金融機関が集客するためにたくさんの情報を発信しているかのような充実ぶりです。今後も頻繁にアクセスして勉強したいと思います。

日本が1990年代後半に行った金融ビックバンはイギリスをモデルにしています。また、NISAもそうです。ISAというイギリスの制度を参考に日本のNを付けました。
今回紹介した3つのサイトは日本の金融リテラシーを高める上でたくさんのヒントがあるような気がします。

the Money Advice Service
The Pensions Advisory Service
Pension Wise

にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ
にほんブログ村


ファイナンシャルプランニングランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です