良い投資の条件とは?ジョージソロス氏の見解

投稿者: | 2020-05-21

私がはじめて個別株に投資をしたのは証券会社に入社して2年目の時でした。勉強もかねて先輩から色々話を聞きながら、銘柄を選んだのを覚えています。

私は営業職ではなかったため、全く個別銘柄に詳しくなく、営業経験のある先輩から相場のことを教えてもらう時間がとても楽しかったのを覚えています。

当時、狂牛病が流行っており、吉野家が牛丼提供をやめて豚丼にするといった状況の中、単純に魚への需要が高まると思い、魚力という会社の株を買い増した。

1株850円程度で100株。
15年以上前の話ですが、購入後は毎日出社すると株価をチェックし、仕事中も気になり、証券会社特有の専用端末を使い、株価を見て、上がっていたらニンマリ。そんな日々がしばらく続きました。

そしていよいよ、初めての利益確定です。
株価が1,000円台に入った時です。3桁から4桁になったことで、随分景色が変わった気がして、1,000円ちょっとで売却。100株なので利益は1万円程度です。

わーわー大騒ぎしている私を、優しい目で見てくれていた先輩の顔がなんとも言えません。子供が遊んでいるように見えたのだと思います。

このブログをつけながら久しぶりに魚力の株価を見に行くと、私が売却し約10年後にあたる2015年には2,500円台を付けています。今はそこから下がり1,500円台ですが、それでも私の購入時800円台から見ると約2倍。

数円、数十円の株価の変動に大騒ぎしていた当時の自分が恥ずかしくなります。

世界3大投資家のジョージ・ソロスは良い投資を以下のように表現しています。

If investing is entertaining, if you’re having fun, you’re probably not making any money. Good investing is boring.

George Soros

もし投資が面白く、楽しいと感じるなら、おそらくお金を作りだせていないだろう。良い投資というのは退屈なものだ。

とても耳が痛いです(笑)
当時の私は株式投資が面白いものだと、そして実際に楽しいと感じていました。実際に、その後大きな上昇がくることになりましたが、わずかな利益で売却しています。

ただ、投資をはじめるきっかけとして、そういう時間があってもいいのでは?という見方もしています。そうやって「楽しい」と感じることで、色んな勉強をするきっかけにもなります。

Boring=退屈と感じるほど、今は、これだと思った銘柄をのーんびり保有するスタイルです!

にほんブログ村 資格ブログ FP技能検定へ
にほんブログ村

株式投資を学ぶならファイナンシャルアカデミー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です