お金への向き合い方、変えるべきものは?

投稿者: | 2020-05-25

1971年のニクソンショックにおいてお金の在り方が大きく変わりました。金本位制~ニクソンショックについては以下記事でご確認ください!

その後も私達はバブルの崩壊、リーマンショック、そしてコロナショックなど大きな危機に直面し、経済・社会、そしてお金の在り方が大きく変わっていく中で生活をしてきています。

キャッシュレスが普及し、多くの人がコンビニなどでスマホで決済することを10年前には想像できませんでした。

コロナ禍、国が一人当たり10万円支給。こんな状況になるとは、2020年を迎えた時でさえ、誰も予想できませんでした。

このような大きな変化のみならず、税制や社会保障など常に私達を取り巻く環境は変わっています。そんな中、お金の知識を付けて、資産を増やしていくためにはどうすべきでしょうか?

ロバート・キヨサキ氏は著書の中でこう言っています。

Personally, I am not trying to change the system.My personal philosophy is that it is easier to change myself than to change the system.

Rich Dad’s Increase Your Financial IQ

個人的には、システムを変えようとはしない。私の個人的な哲学はシステムを変えるよりも自分が変わる方が簡単であるということである。

税制などを決める政治家は選挙のために仕事をし、そしてファイナンシャルアドバイザーの多くは銀行に雇われていて・・・とお金に関する制度を作る、担う側についてこういったコメントをしています。

そういった中に自分は参加しないという表明でしょうか。そして以下に続きます。

I simply want to know the rules and play by the rules. This does not mean I believe the rules are fair or equitable.

Rich Dad’s Increase Your Financial IQ

私は単に制度を知り、その制度の下、活動したい。これはその制度が公平で公正だと私が信じているということを意味するわけではない。

制度がどうであれ、その内容を知り、そしてその制度下でできることを行う。それが、税制などを理解した上での不動産投資などにつながるのだと思いました。

税金の負担、給与天引きされる保険料の高さ、年金の少なさなどを嘆く人はたくさんいますが、嘆く前に、そういったシステムを熟知し、できうることをやれば、豊かになれるというメッセージでもあります。

改めてファイナンシャルプランの重要性を感じる機会になりました!

<関連記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です