外国人のための年金引出制度~Lump-sum Withdrawal Payments for non-Japanese people~

投稿者: | 2021-01-05

国民年金を出国時に受け取れるケース
Lump-sum Withdrawal Payments for non-Japanese people~

日本で働き年金保険料を払っていた外国人は、原則、日本人と同じように65歳から老齢年金を受け取ることになります。

ただし、日本での年金受給資格(10年以上)を満たしていない場合、払った保険料が無駄になってしまいます。

そこで、一定の条件を満たす場合は、出国時に一時金(Lump-sum)で受け取ることができます。
重要な点を日本語と英語で紹介します。

参照・出所)日本年金機構

まずは日本を出国する時から2年以内に手続きをしなければなりません。
If you are non-Japanese, you may file a claim for the Lump-sum Withdrawal Payments within two years after you register to leave Japan (no longer Japanese resident).

少なくとも6か月以上保険料を払っておく(年金に加入)必要があります。
You have contributed to the National Pension system for at least six months in total.

老齢年金を受給資格期間をみたしていないこと
You have not satisfied the qualifying condition period for the Old-age Basic Pension.
受給資格期間は10年であるため、10年以上年金に加入している人は一時金で受け取ることはできないということです。

受け取れる金額は保険料を払った期間により以下のように定めてあります。

日本年金機構HPより 2019年の金額

海外で働く場合や外国人が国内で働く場合など年金制度は複雑な点があり、誤解をしている人も多いです。

そんな話も拙著、駆け出しFPの事件簿―お金はなくても… お金の知識で解決できることはある! に盛り込んでいます。主人公が6つのストーリー、それぞれ解決できるのか!?
小説を読みながらお金の知識を身に付けてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です