英語」タグアーカイブ

FP×英語

投稿者: | 2021-03-24

えいごのみーは「英語×エコノミー(経済)」ですが、今回FP×英語という観点で動画を作成しました。 動画の中でも話していますが、FPと英語は相性がいいと思います。 FP資格勉強中、FPビジネスに興味のある方、そして英語が好… 続きを読む »

年金の繰り上げ・繰り下げ制度が2022年より変更!仕組みを日本語と英語で確認

投稿者: | 2021-03-18

繰り上げは年金を早めにもらうこと。繰り下げは先送りすること。増減割合は? 基礎年金である国民年金、会社員・公務員を対象にした厚生年金、いずれも原則65歳から受け取れる制度です。 ただし、「少しでも早くもらいはじめたい」と… 続きを読む »

NISAは何の略?ニーサ制度の基礎とロールオーバーの注意点。本家イギリスのISAも解説!

投稿者: | 2021-03-01

NISAはイギリスのISA制度を参考に導入 NISAはニーサと呼びます。Nippon Individual Savings Accountの略で、少額投資非課税制度の愛称です。 イギリスにISAという制度があり、その制度… 続きを読む »

債券投資信託のカギ?利回りアップに貢献。劣後債とは?

投稿者: | 2021-03-01

劣後債:Subordinated Debt(Bond, Loan, Note) 債券を中心とした投資信託で一定の利回りを得るために劣後債に投資をしている場合があります。 劣後債は他の債券よりも利回りが高いのが特徴ですが、… 続きを読む »

通常の贈与とは違う!?相続時精算課税とは?英語でも解説

投稿者: | 2021-01-26

相続時精算課税=Taxation by settlement at the time of inheritance 相続の時に決済する税金! 贈与税や相続税が課税されない国もありますが、日本の場合はどちらも課税されます。… 続きを読む »

相続税を補完する役割、贈与税とは!?日本の贈与税の基礎を英語表現で解説

投稿者: | 2021-01-26

贈与は無償のプレゼントです! 贈与とよく似た「譲渡」というのがありますが、これは所得税の一環で、100万円で購入した株や不動産を150万円で売却できたような場合の利益について課税されるものです。 一方、贈与というのはAさ… 続きを読む »

自筆証書遺言、パソコンでもOKに!?遺言を英語で言うと??

投稿者: | 2020-11-07

2020年の民法改正で大きく遺言のルールが変更に! 遺言は公証役場で公証人関与のもと作成する「公正証書遺言」や自分で書く「自筆証書遺言」があります。(それ以外に「秘密証書遺言」もあります) 自筆証書遺言は文字通り「自筆」… 続きを読む »

単利と複利の違いは?人類最大の発明!?を上手に利用しよう

投稿者: | 2020-10-20

アインシュタインをして「最大の発明」といわしめたのは?? 20世紀最大の物理学者と呼ばれたアインシュタインといえば、「特殊相対性理論」で有名です。公式は非常にシンプルでE=mc2(2乗)。 物質が持つエネルギーはその質量… 続きを読む »

生命保険金は受取人次第・契約形態で課税関係が変わります。

投稿者: | 2020-09-29

契約者、被保険者、受取人、死亡保険金、相続税、贈与税などの英語表現も紹介! 生命保険は人が亡くなり相続が発生する時に受け取るものと思っている人が多いと思います。 たしかに相続税の対象になることが多いのですが、本来、生命保… 続きを読む »

年金は老後だけではない!3種類の年金給付 英語では何と言う?

投稿者: | 2020-09-25

年金の基礎知識と覚えておきたい英単語を紹介 年金というと老後!というイメージを持っている人が多いと思います。 とかく、少子高齢化に直面し、年金の構造上の問題から、保険料を払っても割が合わない!と言った論調も目に付き、たい… 続きを読む »